« 花満開!!! | トップページ | 住宅ローン金利 »

2016年4月 3日 (日)

決算

 おはよーでござんす。ほとんどの大企業は3月末決算をしているのですが、2015年と2016年で比較したいと思います。

 2015年の3月31日。日経平均の終値は19206円。その時の為替は、1ドル=120円12銭。

 今年の2016年3月31日の日経平均の終値は16758円。為替は、1ドル=112円56銭。

 これを比較すれば、良く分かるのですが、2015年から2016年で約8円円高になって、日経平均は約2400円安くなったということです。

 日経平均は、為替が1円円高に振れると300円下がると言われていますが、上記結果を見れば、まんまその通りになっていますね。

 つまり、業績うんぬんよりも、為替が日本の株式市場に与える影響が大きいということです。

 日銀の異例の金融緩和により、円安が加速した、ここ数年なのですが、G7やG20で、これ以上の通貨安競争は認めないことで一致、日銀のマイナス金利導入にも関わらず、円高に振れているのも、市場が敏感に通貨安を認めないこと察知しているからでしょうね。

 いまは、1ドル=111円位で、なんとか保っておりますが、110円を突破すれば、あれよあれよと、104円、105円位の円高は楽々行くでしょうね。

 まず、円安のめはないでしょうから、しばらく日本市場は恐怖が支配するような気がします。

 ではでは。

|

« 花満開!!! | トップページ | 住宅ローン金利 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花満開!!! | トップページ | 住宅ローン金利 »