« ブロークン・ウィンドウ理論 | トップページ | @@スマホ »

2016年6月 9日 (木)

インターネットから

 おはよーでござんす。不動産購入を検討されているお客様の導入の話なのですが、いまや、インターネットでの検索が約77%、不動産屋さんの店頭が約14%、その他、情報誌とか数パーセント台となっております。

 のりぞーが不動産業界に入ったのが、平成15年。その当時は、折り込みチラシが全盛期で、建物がない『土地』の前に、『オープンハウス』の看板を立て掛け、現場待機をしていたものですが、時代ですよね。

 当社においても、折り込みチラシよりも早くに、自社ホームページやポータルサイトに新物件を掲載しますので、物件の鮮度からいっても、インターネット経由で探す方が理にかなっております。

 また、これから家を探そうとしている世代の人は、新聞を購読する人も少ないわけで、多額の費用をかけて折り込み広告をいれる意味がなくなってきていますね。

 ただ、インターネット経由で探されている購入希望者の不満も多く(例えば、見にくいとか、イメージしにくいとか、目当ての物件がないとか)、これといって確立されたWEBサイトもないので、まだまだ、研究の余地ありといったところでしょうか。

 人口減少のうえ、世帯数の減少が本格化していく中で、生き残りをかけて頑張っていかないとですね。

 ではでは。

|

« ブロークン・ウィンドウ理論 | トップページ | @@スマホ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロークン・ウィンドウ理論 | トップページ | @@スマホ »