« 偽計業務妨害 | トップページ | 住宅ローンタイプ »

2016年7月22日 (金)

ポケモンGOで不動産

 おはよーでござんす。配信前に日本政府がコメントを発表するという異例づくめのポケモンGO。

 ARを駆使して、あちこちにちらばっているモンスターをゲットするゲームなのですが、世界中で一大ブームを巻き起こしております。

 引きこもりの人が外出できるようになったとか、外に出て歩いて、人とコミュニケーションがとれるということで、うつ病が改善したとか、肥満対策になるなど、思わぬ良い面がある一方で、原発の敷地に不法侵入したとか、夢中になり崖から落ちたとか、交通事故が起きたなど、プラスもマイナスもニュースになるぐらいです。

 で、これは更なるビジネスとして、集客が見込めるというわけで、日本においてはマクドナルドが筆頭なのですが、ポケモンGOを集客ビジネスに結ぶ付ける動きが出てきております。

 先行配信されたアメリカにおいては、不動産業界も反応しているようで、例えば、今までだったら、『駅まで徒歩5分』とか、『スーパーまで徒歩3分』という広告が、

『ポケモンGOのジムまで、徒歩5分!』とか

『このオープンハウスにはピカチュウがいると確信している。お見逃しなく。 』

の文字が躍っているそうです。

 ほんまかいな?と疑ってしまう位のフィーバーぶりなのですが、多分、日本で配信されたら、オープンハウスの広告に出てくることでしょうね。(笑

 ではでは。

 

|

« 偽計業務妨害 | トップページ | 住宅ローンタイプ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偽計業務妨害 | トップページ | 住宅ローンタイプ »