« きなり | トップページ | 金融機関の絞り »

2016年7月16日 (土)

独立した面々

 おはよーでござんす。のりぞーの会社も、設立してから12年目を迎えるのですが、その間に二人の独立者を生みました。

 一人は、室川町で会社をしている『きぼう不動産』の丸山社長で、もう一人は、芦屋で会社をしている『ひなた』の田中社長です。

 タイプは、全く違っていて、丸山社長の方は、社交性に難があるものの、ひたすら空き地・空き家調査から物件をつくっていくスペシャリストで、現在の地場の分譲系の情報発信割合では、トップを走っております。

 また、田中社長の方は、すぐにサボるという性格に難があるものの、人たらしのスペシャリストで、今や、西宮のトップブランドのH社の販売を任せられるほどになっています。

 足して、2で割れば丁度いいのになと、社員時代に何度も思ったことがあるほど、両極端な二人なのですが、それぞれの特性をいかし、会社をまわしている現状に驚きを隠せません。

 正直にいえば、二人とも、『失敗しろっ!!』と念じたことは何度もあるのですが、その願いもかなわず、現在に至っているということは、二人ともたいしたものです。

 今では、昔みたいに社員教育に力をいれなくなったのりぞーなのですが、少なくとも上記の二人が阪神間の不動産で頑張っているのは、ある意味、自慢ですね。

 そういや~、僕がつけたあだ名が、『大将』というので、不動産をやめて、ミナミでお好み焼き屋さんをやっている社員もいますね。これも、独立者なのかなぁ~。

 でも、たまに食べに行くと、『社長に、大将ってあだ名をつけてもらったお蔭で、自分の行く道が見えました!!』って言ってくれているので、それはそれで良かったんでしょうね。

 ではでは。

 

|

« きなり | トップページ | 金融機関の絞り »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きなり | トップページ | 金融機関の絞り »