« アサヒビール跡地 | トップページ | 傾向 »

2016年9月11日 (日)

お風呂

 おはよーでござんす。本日は、日曜日なのでお風呂の話。

 スーモの『ほんとに使える設備ベスト10』の中で、堂々1位になったのが、広いバスタブで、第2位がフルオートバスでもって、第4位が保温性能付き浴槽となっていました。

 実に、家を建てる・選ぶ際に上位に『お風呂』のキーワードが出てきているんですよね。

 だがしかし、建売住宅をみても、注文建築をみても、広いお風呂って、ほとんどないのが現状です。

 では、差額がどうなのかといいますと、例えば、パナのベースタイプで比較しますと、

1616・・・790,650円   定価ベース、1.6m×1.6m(1坪)

1618・・・953,400円

1818・・・1,079,400円

1623・・・1,226,400円

と、意外と大きな差額になるんですよね。

 そして、一番の問題点は、お金よりも、間取りの難しさになります。田舎みたいにばかでかい敷地があれば、それこそテルマエロマエみたいなお風呂も十分に作れますが、西宮や芦屋、東灘区の阪神間においては、敷地パツパツに、家をのせるわけですから、どうしてもお風呂のスペースに制限がかかってきます。

 いっそのこと、リビングを狭めてお風呂を広くするなんてプランがあってもよいかと思うのですが、万人受けしない冒険になるんでしょうね。

 なんにせよ、一日の疲れをとるお風呂で、かつ、お風呂大好きな国民性なわけですから、もうちょいメーカーさんには工夫してほしいですね。

 ではでは。

|

« アサヒビール跡地 | トップページ | 傾向 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサヒビール跡地 | トップページ | 傾向 »