« 建物値段 | トップページ | 座ったまま »

2016年10月10日 (月)

長期金利

 おはよーでござんす。住宅ローン金利に影響を与える、新発10年国債の利回り。

 その長期金利が、じんわり上昇してきております。

 7月末に過去最低の-0.3%を付けて以降、9月の中頃には、0%にまで肉薄してきております。

 すぐにどうこうということはないでしょうが、少なくとも、日銀の方針として、10年モノを0%に持ってくると発表した通りの動きになってきていますね。

 一番怖いことは、日銀のコントロールが不能になるくらいに、市場が金利上昇を催促し始めることです。

 そうなると、一気に金利上昇にはずみがかかり、それは、NYダウの暴落と連動して世界的にパニックになる可能性もありますね。

 どちらにせよ、これ以上、住宅ローン金利が下がることはないでしょうから、超超超低金利の今は、ラストリゾートだと思いますよ。

 ではでは。

|

« 建物値段 | トップページ | 座ったまま »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

お風呂や眺望など全く同意見で、多少の(これが難しいのでしょうが)負担増でも追加オプションすべきと思います。が、基礎コンクリートの件は、
1)今迄と同じスペックで原価アップは頂けない
2)耐震や見映えなどを向上させ機能アップ分を値切ってトータルでこうなります。という話でないと他社と差別化は出来ません。で、長期金利は確かに超超超低利だと思いますが、何事もトレードオフであることを考えると人口減や空室率、公共施設の集約など資産価値の面で20年後30年後振り返ると・・・という点を払拭してもらわないと購入には???
いずれにしても、西宮の住宅に革命を!
期待しています!

投稿: トクメイ | 2016年10月11日 (火) 21時40分

>トクメイ様
コンクリの件は、闇が深いですよ。(笑

資産価値に関しては、難しいですね。でも、僕が不動産をしている間は、阪神間は大丈夫かと。(笑
今後もよろしくです。

投稿: のりぞー | 2016年10月14日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建物値段 | トップページ | 座ったまま »