« メルケルも飲んだ? | トップページ | 当たり前っちゃー当たり前 »

2016年10月21日 (金)

貧困率と住宅産業

 おはよーでござんす。NHKの貧困女子高生の報道が炎上しましたが、最近、何かと貧困というキーワードがニュースを駆け巡ります。

 普通に生活していると、あんまり実感しないのですが、1億総中流社会という言葉は、もはや過去のものになっているのでしょうね。

2016101300000001khiraga0011view


 相対的貧困率のグラフなのですが、おおまかにいうと、手取り年収が約122万円未満の世帯の割合ですね。

 この相対的貧困率が16%を超えたということは、6世帯に1世帯は貧困世帯であるということで、近年の上昇率をみると、住宅産業には暗い未来しか見えないですね。

 現在、政府は、増税とワンセットで、社会保障を減らすよう動いていますが、上記社会構造を考えて、会社のかじ取りをしていかないと難しい局面になっているということですね。

 ではでは。

|

« メルケルも飲んだ? | トップページ | 当たり前っちゃー当たり前 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルケルも飲んだ? | トップページ | 当たり前っちゃー当たり前 »