« 貧困率と住宅産業 | トップページ | 当たるんです »

2016年10月22日 (土)

当たり前っちゃー当たり前

 おはよーでござんす。しかし、のりぞーは、タワーマンションを目の敵にするようなことばかり書くのですが、別に高いところが嫌いなわけじゃなく、本気で、将来のことを、どう考えているのか心配しているだけなんですよね。

 たとえば、現在、東京消防庁が保有しているはしご車の最大級は、40m級なわけで、高層階で火事が起きたらどうするのか?

 なんてことを考えていると、不動産業者として、タワーマンションの上層階が飛ぶように売れる現象に違和感を感じざるを得ないんですよね。

 その中で、『政府・与党は2017年度の税制改正において、節税に利用されている高層マンション(タワーマンション)の課税の見直しが柱となる。タワーマンションは部屋の広さ(専有面積)が同じなら階数を問わず、固定資産税は同額になっている。高層階の現在の課税額は、実勢価格の高さを踏まえると相対的に低い。このため、高層階を増税する一方、低層階は減税する。』

 まぁ、当たり前っちゃー当たり前の話で。例えば、都心のタワーマンションなんて、低層階と上層階で3000万円位販売価格差がついています。

 今までの、専有面積割合の課税の仕方がおかしいんですよね。

 しかし、こうなると、タワマンイジメが起きそうな気も。

ーーーエレベーターホールにてーーー

上層階住民:『あら~、御宅は3階の@@さんじゃない。私、43階に住んでおりますのよ。おっほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほーーーーほほほほほほほほほほほほ。スピードの加速が遅れるから、階段をお使いになさってくださらなくってよーーーー。』

 うーーーん。ぶち@したくなる。

 ではでは。

|

« 貧困率と住宅産業 | トップページ | 当たるんです »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貧困率と住宅産業 | トップページ | 当たるんです »