« 慰安旅行 | トップページ | 税制 »

2016年11月10日 (木)

反グローバリズム

 おはよーでござんす。毎年恒例のグループ慰安旅行から帰ってきました。今回で、香港・マカオは、何度目だという位、行っている国なのですが、相変わらずのバカげた街でしたね。

 特に、マカオは、コタイ地区の開発が、目覚ましいものがあり、新しく出来たウインパレスも見ましたが、ほんとにお金と欲にまみれた街でございました。

 面白かったのは、マカオから香港に帰る時に、総帥が言い出した、『ヘリコプターで帰ろう!』の一言で、人生初のヘリコプターに乗ったことです。

Image2

Image1

ずーーーーっと、脳内で、『Yes!たかす!』の音楽が流れていましたよ。

 アメリカ大統領選は、トランプ氏で決まりました。

 イギリスのEU離脱に引き続き、マスコミの予想は大外れになったのですが、これは、明らかにグローバリズムに対する嫌悪が票にあらわれたのだと思います。

 当たり前なのですが、何千年という歴史の中で、『国』や『民族』という単位で生存してきたものを、グローバリズムというお題目で、その境界線をなくそうとしても、歴史に刻まれたDNAは、ちょっとやそっとじゃ消えません。

 もしも、宇宙人が地球に攻め込んでくるようなことがあれば、その際には、『地球』という単位で、ロシアも、中国も、アメリカも日本も、イスラムの国々も纏まることはあると思いますが、そうでない限り、『国』『民族』の纏まりを崩すのは、あり得ないでしょうね。

 明日食べることに不安を覚えるのに、綺麗事を並ばれても、何を言ってんねんになります。

 この動きは、今後も加速することでしょうし、下手したら、EUも解体の恐れが出てくるんじゃないかな。

 何はともあれ、国際金融資本と多国籍企業だけが美味しい思いをするグローバリズムに対し、世界的にNOが突き付けられだしたということは、認識しておいた方が良いでしょうね。

 ではでは。




|

« 慰安旅行 | トップページ | 税制 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰安旅行 | トップページ | 税制 »