« 高血圧 | トップページ | トレンド »

2016年12月 8日 (木)

所得税の変更

 おはよーでござんす。まぁ、少子高齢化社会が確実にやってきているなかで、増税は仕方がないところなのですが、あまりにも衝撃の大きい消費増税を延期につぐ延期をし、変わりに色々な形で増税が行われております。

 共同通信によりますと、配偶者控除の見直しは既定路線として、『18年度改正で現行の「所得控除方式」の見直しも検討し、高所得者により負担を求めていく方向性を示した。』

 ここでいう、高所得者とは、一体、なんぼからなんでしょうね。

 平成26年までは、所得税のカテゴリーとして、最高は、1800万円超で税率が40%でした。

 平成27年にカテゴリーとして、4000万円超が出来、その税率は45%になりました。

 ということは、この4000万円超の税率は、50%になるということですかね。

 既に所得税だけで、五公五民ですから、凄まじいですね。

 一つ下のカテゴリーで、1800万円超4000万円以下で、税率40%。

 その下のカテゴリーが900万円超1800万円以下で税率33%ですから、このあたりまでは、所得税が上がってくるかもしれませんね。

 ちなみに世界に目を向けますと、香港の所得税が2%~17%、シンガポールが3.75%~21%ですから、そりゃ~、お金持がタックスヘイブンを使うのも分かる気がしますね。(笑

 ABC News Pointによりますと、あの高福祉国家のスウェーデンやデンマークよりも高い税金なのに、年金をはじめとする福祉はボロボロって、一体どうなってるんでしょうね。

 オリンピックにしても、豊洲にしても、多分、大阪万博にしても、あれだけ税金を垂れ流しにすれば、そりゃ、お金も足らないですよ。

 ではでは。

|

« 高血圧 | トップページ | トレンド »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高血圧 | トップページ | トレンド »