« カジノ法案 参院も 笑 | トップページ | 半露天風呂建売り »

2016年12月16日 (金)

価格交渉

 こんにちわでござんす。アジア圏に旅行に行けば、必ず言われるのが、そのままの値段で購入しないように、必ず値段交渉、『ディスカウント!プリーズ!』っていうようにと言われますよね。

 あんまり日本では、馴染みのない価格交渉なのですが、まぁ、スーパーやコンビニで値段交渉なんてした日には、『はぁ~!?』って言われますよ。あと、ご飯屋さんなんかもね。

 ところがどっこい、その馴染みのない日本においても、不動産だけは値段交渉が横行するのです。

 4280万円とか、5180万円の80万円の交渉なんて、当たり前田のクラッカーのように受けます。

 ひどいのになると、500万円の交渉なんてのもあります。

 まぁ、無茶な要求は、全つっぱーするのですが、むーーーんっていうのもあるんですよね。

 概ね、建売なんかの場合、事業主さんの利益って、8%~10%位。

 4000万円の建売なら、320万円から400万円位が想定利益です。

 でも、これは単純に粗利益なわけで、ここから、人件費やら事務所維持費、税金、ほにゃららと引かれると、なんぼも残りやせん。

 だから、おほっっていう値段交渉が入ったりすると、結構、悩んだりもするんですよね。

 グループのエストさんなんかは、結構、強気で、交渉がきてもNOを言ったりするのですが、のりぞーは、弱気なので、OK!OK!って、すぐにローラ状態になっちゃいます。

 この80万円も、積もり積もれば、年間で結構エグイ金額になるので、考えないとですね。

 年末、年始、3月までは、不動産市場も大きく動きますので、血圧のあがる日々が続きそうです。

 ではでは。

|

« カジノ法案 参院も 笑 | トップページ | 半露天風呂建売り »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カジノ法案 参院も 笑 | トップページ | 半露天風呂建売り »