« 東京が止まらない | トップページ | 国際連帯税 »

2017年1月15日 (日)

法治国家?

 おはよーでござんす。ビックリというか、本当に法治国家なのかと疑いたくなるニュースでしたね。豊洲市場において、地下水モニタリングで、環境基準の最大79倍のベンゼンなどが検出されました。

 他に、ヒ素が20か所で同3・8倍、「不検出」が環境基準のシアンは39か所で検出されました。

 知事が変わって、急にこんなん出てきても、信用できるわけないですよね。

 どう考えたって、今までの検査に改ざんがあったとしか思えないです。

 しかも、それを、日本を代表する東京都がやっていたかと思うと、信じられない気持ちでいっぱいですね。

 そもそも、東京ガスの跡地というのが無理があるわけで、東京ガスも、都に売却するのを上記の理由で嫌がっていたと聞きますし、築地を地上げしたい勢力が、移転ありきで話を進めたんでしょうね。

 それでも移転をするのなら、いったい、誰が豊洲の魚を食べるというのか。

 姉歯の改ざんの時も、行政は知らん顔していましたが、ほんと、今回の体たらくは許せないですね。

 ではでは。

|

« 東京が止まらない | トップページ | 国際連帯税 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京が止まらない | トップページ | 国際連帯税 »