« スティーブン・ムニューチン | トップページ | 法治国家? »

2017年1月12日 (木)

東京が止まらない

 おはよーでござんす。東京都の発表によりますと、平成27年度の一年間で、東京都の人口増加は、117,763人となりました。

 初めて、日本において、総人口が減少に転じている中においても、東京への人口流入は止まる気配がありません。

40q1s100_03

1200万人を超えて、1300万人を超えても、まだまだ上昇傾向なわけですから、恐ろしいですよね。

 今は、まだ、オリンピックを開くなど、余裕の財政をしている東京なのですが、この先は、尋常じゃないスピードで高齢化が進むと言われております。

 そりゃそうですよね。田舎から、仕事を求めて東京に出てきても、日々の暮らしで汲々で、結婚する余裕もなく、そのまま、シングルで高齢化を迎えるわけですから、凄いことになりそうです。

 ただ、この東京一極集中は、それだけ、地方の衰退を意味しており、不動産業界においても、忌々しき問題です。

 大阪府でさえ、昨年、戦後初めての人口減少に転じており、このまま東京を独走させるのは、非常にまずいと思います。

 中長期的な関西経済圏の発展は、絶対に必要なところでしょうね。今の所、カジノを含めた、観光しか光明がないと思うのですが。

 ではでは。

|

« スティーブン・ムニューチン | トップページ | 法治国家? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

人も金も
 東京への流入117千人増加の市町村別寄与度
ご存知ですか?関東近郊の大都市や札幌・名古屋・大阪・福岡なら人口が多いから上位に入るでしょうね。西宮市は?
 因みに、地方に住む親の相続でお金が東京に(一部はオレオレで東京に)流れ資金流出入状況もおもしろいですね。ふるさと納税効果!
 但し、「東京を独走させるのは非常にまずい」はいただけません。足の引っ張り合いしか想像できません。世界で魅力ある都市になろうという努力や国内で魅力ある都市になろうという努力の競争の結果です。
 人口が衰退するような地域マネジメントしか出来ないから衰退するのでしょう?

投稿: トクメイ | 2017年1月16日 (月) 13時23分

トクメイ様へ
コメントありがとうございます。
西宮市の人口は50万人を手前に足踏みですね。
名だたる在阪企業が東京へ本社を移したのは、官僚の圧力があったのは多分事実でしょう。
民間の活力に官僚の圧力が加わるのは賛成しかねないのですが・・・。

投稿: のりぞー | 2017年1月17日 (火) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スティーブン・ムニューチン | トップページ | 法治国家? »