« 為替がポイント | トップページ | 証人喚問 »

2017年3月20日 (月)

空き家率

 こんにちわでござんす。全国的に空き家の問題がクローズアップされて久しいのですが、西宮市に住んでいると、今一、ピンとこないですよね。

 2013年時点の全国の空き家率は13.5%で、年々増えており、平成45年には全国で30%を超えると言われております。

 3軒に1軒が空き家というと、なんかぞっとしますが、移民政策等の新しい人口増加政策を実行しない限り、上記の数字になるんでしょうね。

 でもって、我が町、西宮市はどうかといいますと、9.7%とかなり全国的にみても、空き家率が低くなっております。

 これは、住みたい街ランキングでも、常に上位にくる人気の街の結果なんでしょうね。

 不動産には、住むという側面と資産という側面があります。人口減少し、益々、空き家が増え、全国的に過疎化が進む中、人気のエリアで不動産を所有するという意味が更に重くなると思われます。

 ではでは。

|

« 為替がポイント | トップページ | 証人喚問 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

新築建設数、契約率、空き家率
なのに何故、低金利でローン???

と思っていたら、
2022年生産緑地に宅地並み課税
都市近郊部に住宅地大量供給か?
ということで、2022年にはもう少し広い家に住めるようになるから、焦って買わないように!!!って。
不動産屋を敵にまわさないか?

投稿: なるほど | 2017年3月21日 (火) 10時26分

なるほどさん
コメントありがとうございます。

投稿: のりぞー | 2017年4月 8日 (土) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 為替がポイント | トップページ | 証人喚問 »