« 人口減少 | トップページ | 金融システムレポート »

2017年4月23日 (日)

ミサイル着弾

 おはよーでござんす。今まで、住宅ローンに付随する火災保険の説明において、地震のことや台風による被害の場合の説明はしてきましたが、ここにきて新しいケースもご説明しないといけない状況になってきましたね。

 というのも、日本政府は21日、全国都市会館に都道府県の担当者を集めミサイルが日本の領土・領海内に着弾したケースなどを想定し、対応を説明したからです。

 北朝鮮からミサイルが着弾する可能性があることを、日本政府が示唆したということは、恐ろしいことなのですが、現実ですよね。

 で、もしも、ミサイルが着弾した場合、火災保険はどうなるのかといいますと、契約書の中に、

『戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動』

『核燃料物質(使用済み燃料含む)の放射性、爆発性その他有害な特性またはこれらの特性による事故』

 上記事項に関しては、保険金を受け取ることはできないということの旨が記載されております。

 つまり、泣き寝入りしかないわけですね。 

 まぁ、想定されているのは、在日米軍基地のある所と言われているので、西宮市は大丈夫なんでしょうが、精度という意味においては信用がおけないので、どこに着弾するか分からず、不安ですよね。

 やけくそになって、日本に大ダメージを及ぼそうとするなら、東京や大阪の大都市を狙うことでしょうから、そうなると、西宮市は大阪市から約15kmしか離れておりません。

 25日に何かあると言われておりますが、話し合いで解決してくれたらいいのにと、つくづく思うのでした。

 ではでは。

|

« 人口減少 | トップページ | 金融システムレポート »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人口減少 | トップページ | 金融システムレポート »