« 供給過多 | トップページ | 花火の出来ない時代 »

2017年5月26日 (金)

理想と現実

 こんにちわでござんす。イギリスで起きた、アリアナ・グランデさんのコンサート会場での爆破テロ事件。

 実行犯は、リビア難民2世とのこと。また、親・兄弟も逮捕されていることから、一家総出の犯行と思われます。

 ここのところ、ヨーロッパで立て続けに起きる、テロ事件。志の高い理念を掲げ、難民を大量に受け入れたばっかりに、このような事件が起きているのは、一つの事実です。

 日本において、まだ、外国人によるテロは起きておりませんが、たまたまでしょうし、この先、人口減少の対策として、移民受け入れを推進する過程で、どういった現象が起きるか不確定要素が強いです。

 海外旅行に行っても、観光地を巡っていては分からない、危険、ディープと言われるエリアに行けば、よく分かりますが、相当、すさんでいます。

 また、海外では、明確に、貧困層の居住エリアと、富裕層の居住エリアが分かれており、移民が増えることにより、日本においても、そういった住み分けが明確になってくるかもしれませんね。

 将来の不動産価値を考えるうえでも、人気のエリア=高額のエリアは、大事なファクターになってくると思われます。

 ではでは。

|

« 供給過多 | トップページ | 花火の出来ない時代 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 供給過多 | トップページ | 花火の出来ない時代 »