« 国と国の決め事 | トップページ | 空き家手数料 »

2017年6月 3日 (土)

未来投資会議

 おはよーでござんす。日経新聞からですが、政府は今年の成長戦略の素案として、重点5分野として「健康寿命の延伸」「移動革命の実現」「サプライチェーンの次世代化」「快適なインフラ・まちづくり」「フィンテック」を挙げました。

 面白かったのは、ドライバー1人で複数のトラックを走らせる隊列走行を22年に商業化したり、過疎地などの移動弱者を救うため、無人自動走行による移動サービスは20年の実現を目指すなどの移動手段系ですね。

 不動産に関係がある、快適なインフラ・まちづくりの具体的な話はないのですが、快適なインフラとは何なんでしょうね。

 多分、札幌市に代表されるような、都市部への集約化がベースになるのでしょうね。

 効率やエネルギーの無駄を省くという意味においては、限界集落までインフラを通し、維持するのは、確かに非効率ですが、先祖代々守ってきた『土地』というものを手放すということが、ほんとに行政の判断で可能なのか、見守っていきたいところですね。

 今でさえ、買い物難民という現象が起きているわけですから、今後、益々、都市部以外の過疎化は進むことでしょうし、そうなると、都市部以外での不動産売買は、流通が破滅することも予想されます。

 家を購入する時は、こういったことも良く考えて購入することが大事ですね。

 ではでは。

|

« 国と国の決め事 | トップページ | 空き家手数料 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国と国の決め事 | トップページ | 空き家手数料 »