« 利益が出だしてる | トップページ | タワーマンション火災 »

2017年6月13日 (火)

弾道ミサイル

 おはよーでござんす。最近、日本海側の市町村で、北朝鮮からの弾道ミサイルが飛んできた場合の避難訓練のニュースがよく流れておりますが、現実問題として、今一ピンとこないのが実情じゃないでしょうか。

 日本に届くミサイルを保有しているのは、何も北朝鮮だけじゃなく、中国だって日本に向けて中距離ミサイル「東風21」を配備していますからね。しかも、ご丁寧に核弾頭搭載可能バージョンで。

 これは騒がないで、北朝鮮のミサイルには騒ぐというのは、危険度の差なんでしょうかね。よっぽど核弾頭搭載の方が危険な気もしますが。

 で、我が町、西宮市においてはどうなのかと調べてみますと、防災のページにペロッと1ページだけ。(笑

 曰く、

緊急情報が流れたら、直ちに次の避難行動をとってください。

【屋外にいる場合】
・近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する。
・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】
・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 だそうです。Jアラートが鳴ってから、着弾までの間は、3分~4分と言われております。

 阪急苦楽園口の場合、Jアラートが鳴って3分以内に頑丈な建物って、どこにあるのかと。

 まぁ、僕の場合は、軽やかなフットワークでミサイルを回避できるので大丈夫なのですが、震災や土砂災害と同じで、万が一の逃げ場所の想定だけはしておいた方がよさそうですね。

 ではでは。

|

« 利益が出だしてる | トップページ | タワーマンション火災 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 利益が出だしてる | トップページ | タワーマンション火災 »