« タワーマンション火災 | トップページ | 賃料と分譲の乖離 »

2017年6月16日 (金)

戸別収集と有料化

 おはよーでござんす。別に贅沢をしているつもりはなくても、多分、今の日本人は『もったいない』の概念が薄れてきているのでしょうね。

 大量生産、大量消費が生み出した副産物は、思わぬところに波紋をなげかけております。

 現在、あちこちの自治体において、家庭ごみの有料化と戸別収集が検討され始めております。お隣の尼崎市なんかは既に戸別収集ですね。

 お互い様という概念がなくなり、ゴミの分別や集積所の問題が噴出したことにより、戸別収集に舵をきる自治体が増えたのですが、結果として、それぞれの家が、自宅の前にゴミを出すということで、集積所時代のいい加減さがなくなり、分別が徹底されるようになったり、生ごみは水分を切ってほる等の工夫がなされたり、集積所にありがちな、だらしない景観がなくなる等のメリットがあるようです。

 また、ゴミ自身も減少するというメリットもあるみたいですね。不要なモノを買わないという意識が働くようです。

 僕等不動産業者も、ゴミ集積所のある場所は、値段に反映させます。そうなると、資産価値の問題も発生しますよね。資産価値は減少するうえ、清掃管理もしなければいけないなんて、感謝もなければ、やってられないのが実情でしょう。

 多分、この先、ゴミ収集の問題は加速していくことでしょうから、戸別収集に西宮市もなっていくのでしょうね。

 ではでは。

|

« タワーマンション火災 | トップページ | 賃料と分譲の乖離 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タワーマンション火災 | トップページ | 賃料と分譲の乖離 »