« 福岡旅行 | トップページ | ドラクエ11 »

2017年7月28日 (金)

リノベーションの価値

 おはよーでござんす。この業界に身を置いておりますと、定期的にリノベーションの廃り流行りがあります。

 境界線がどこにあるのかは、厳密には分かりませんが、通常のリフォームとリノベーションは、まず金額からして違いますね。

 どこぞのラウンジかと見間違うほど綺麗にリフォームしているのが、一般的にリノベーションって言うんでしょうね~。

 さて、最近、古くなった団地をリノベーションするのが流行っているのですが、通常、古くなった団地というのは、資産価値的にいうと、500万円までの売買価格くらいかな。

 その、300万円、400万円といった中古マンションをリノベーションすることにより、例えば、1500万円とかで販売しているのを見かけるのですが、凄く注意した方が良いですよ。

 資産価値など無視で、一生住み続ける、俺の好みだという人は、すっ飛ばしてください。

 まず、何年間か住んだ後に、売却することもある人は、査定にびっくりすることになると思います。

 所詮、築何十年と過ぎたマンションを綺麗にしたところで、本体自身はボロボロになっているということを理解しておかないとですね。

 他にも、当然、内部がボロボロになっていることでしょうから、例えば、目にみえない給排水の問題や、耐震の問題など、目白押しになります。

 更には、修繕積立金の加速化ですね。古くなればなるほど、積立金の額は上がるわけで、しかも、資産価値の減少しているものに、大規模な修繕を施す意味があるのかといった総意の合意問題も発生します。

 よくよく考えて、リノベーション物件は購入しないと、後々後悔することがあるかもしれませんよというお話でした。

 ではでは。

|

« 福岡旅行 | トップページ | ドラクエ11 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡旅行 | トップページ | ドラクエ11 »