« 四谷コーポラスの建て替え | トップページ | 世界の構図が変化してそう »

2017年10月 5日 (木)

トゥクトゥクまでも

 こんにちわでござんす。今日のヤフーニュースに、『タイ政府は4日、首都バンコクを中心に全国で走行している三輪タクシー「トゥクトゥク」を、2022年までにすべて電気自動車(EV)に切り替える計画を発表した。』というニュースが掲載されていました。

 タイといえば、トゥクトゥクなのですが、あのトゥクトゥクまでEV化されるわけですね。

 欧州、中国、タイと、全世界的に電気自動車の流れが出来上がっており、実際の環境問題うんぬんかんぬんよりも、これは政策的な意味合いで、EV化の流れは止まらない形になってきております。

 EV化になれば、電化製品と同じで、中国を中心とする生産国が世界を牛耳るのは目に見えてますよね。

 内燃機関の絶対王者、トヨタとしても早い所、世界の流れを汲みとって、EVの中心になってもらわないと、ほんと、いよいよ日本は厳しくなりそうです。

 あの東芝の今の体たらくぶりを見ると、安穏とはしてられないのが実際ですよね。

 ってなことを、産業革命を起こした当時のイギリス国民も思っていたのかもしれませんね。

 ではでは。

|

« 四谷コーポラスの建て替え | トップページ | 世界の構図が変化してそう »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四谷コーポラスの建て替え | トップページ | 世界の構図が変化してそう »