« 2017年12月 | トップページ

2018年1月23日 (火)

簡単に麻痺する

 おはよーでござんす。昨日、首都圏では歴史的な大雪になり、完全に麻痺状態に陥りました。

 積雪は20センチを超えたようで、帰宅を急ぐ通勤者達で駅は大混雑。電車に乗れない人がバスやタクシーに流れ、それも大混雑。

 道路は、凍結してあちこちでクラッシュ。

 東日本大震災の時にも経験しましたが、一極集中している首都圏において、なんらの災害が起きた時に、こうも脆いのかというほど麻痺しますね。

 北朝鮮からのミサイルを政府は警戒しておりますが、正直言って、首都圏で、ちょっとしたテロ行為をするだけで簡単にパニックに陥ることが容易に想像つきます。

 防衛よりも防災やテロ防止の方も、力を入れて都市づくりをしないとと痛感しました。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

人間の本質

 こんにちわでござんす。ついこの前、ハワイにおいて北朝鮮からの弾道ミサイル警報が誤発信され、住民達が大慌てしたというニュースを覚えられている人も多いかと思います。

 現地のインタビューでも、住民の人達は、どこへ逃げればいいのか?何をすれば良いのか?といった戸惑いの表情をしておりました。

 日本においても、Jアラートが鳴っても、どこへ逃げれば良いのかといった声が多数聞かれました。人間、いざとなったらテンパるもんですね。

 ところで、その水面下において、非常に面白い統計があったようで、アメリカの大手ポルノサイトのアクセス数なのですが、警報がなった時は、マイナス77%から、誤報が分かった時は、プラス48%へと大幅に増えたそうです。(笑

 ほっとして緊張を解きたくて、エロサイトへアクセスしたのか、危機意識が人間の本能を刺激したのかは分かりませんが、申し合わせたかのような行動様式は、人間の本質を垣間見た気がします。

 まっ、そういうことです。ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

談合

 おはよーでござんす。昔なら、物凄いニュースになっていたであろうリニア談合。リニア中央新幹線の建設工事を巡り、大林組、大成建設、鹿島、清水建設のゼネコン大手4社が談合した疑いがある事件なのですが、あんまり世間では騒がれていませんね。

 まぁ、談合自体はダメなことなのですが、この業界に身を置いておりますが、ある程度、仕方ないよなって思います。

 というのも、建設工事をしておりますと、思わぬリスクや費用が発生することが多々あります。

 工事業者は、最初に、見積もりを施主さんに提出しますので、そのリスクや費用が発生したとしても、なかなか施主さんに請求をかけることもできませんし、物件が完成したとしても、出来上がりが気に喰わない等の未払いもかなりあります。

 ましてや、大型のプロジェクトになりますと、必ずといっていいほど、最初の工期から遅れることが多くて、その分、人件費等が上がるわけです。

 全部完成し、引き渡しをして初めて、トータルの費用が分かるわけで、計画の段階ではなかなかトータルの費用を算出することは至難の業なわけです。

 ですので、ある程度、リスク分をのせて入札したり、見積もりしたりするのですが、そこに談合の温床が発生するのでしょうね。

 東京都が良い例ですが、まるで建設業者がぼったくりで悪いみたいな風にアナウンスされると、ものの見事に入札ゼロなんて事態が起こるわけですね。(笑

 談合は法律的にダメなのですが、誰もしたことのないリニアみたいなビッグPJなら、担当者どうして、

 『お前んとこ、どうすんの?』

ってなる気持ちも理解できるのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

パブリックコメント

 こんにちわでござんす。行政が何かアクションを起こそうとするとき、パブリックコメントを集めますが、う~ん、疑問なんですよね。

 請願サイトで有名なのはホワイトハウス。オバマ大統領の時は、請願後1カ月以内に10万人以上が署名すれば、ホワイトハウスが60日以内に公式な回答をすることになっていました。

 ある意味、世界最高の行政機関が、こうやって開かれた形で民意を聞くというのは凄いことだなと思ったのですが、現在、トランプ大統領になってからは、このサイトでの回答はありません。 

 つまり、行政の姿勢次第ってことですね。オバマ大統領の時も、ホワイトハウスとして答えにくい問題もあったと思うのに。

 そういう意味で、日本の行政のパブリックコメントなのですが、行政の方針を変更しろとまでは言いませんが、せめて、質問や疑問の多かった問題等は、なんらの回答がいるんじゃないかなぁ~って思います。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

苦楽園周りの飲食店

 こんにちわでござんす。阪急苦楽園口の周りは、飲食店が多いのが有名なのですが、面白いことに、ある程度のエリア分けがあります。

 僕も、会社の場所柄、苦楽園周りでご飯を食べることが多いのですが、歩く時間は同じでも方向によって足が遠のくことが多いんですよね。(笑

 まずは、本当の駅周辺のご飯屋さん。駅の西側に点在しております。どちらかというと、比較的リーズナブルなお店が集まっております。

 そして、踏切を超えて、北側と更に、建石線までのエリア。そして、夙川に向けてのエリア。西側に伸びて点在するエリアと、消防署の前の数軒ってところですかね。

 この中でも、どうしても、踏切を超える東側エリアだけは、足が遠のくんですよね。

 歩けば、北側の鮨千と、そう変わらない距離なのに、どうしても踏切を超えるのを億劫に感じてしまいます。

 たまたまなのか、あまりにもイメージが大きいのか、10分に1回の電車のはずなのに、僕が踏切を超えようとするたびに、踏切が閉まるイメージが強いんですよね。

 というわけで、苦楽園で飲食を考えている人は、一つ参考にしてみてください。(笑

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

今は花形

 おはよーでござんす。のりぞーは、経済学部出身なのですが、文系の就職先の花形といえば、金融機関でした。

 もう、20数年前の話ですけどね。

 その金融機関において、転職希望者が急増しているようです。根底にあるのが、低金利による収益悪化なのですが、一番影響しているのが、メガバンクのAI導入による大リストラの発表でしょうね。

 いずれ、自分の部署もAIに置き換えられると予想した人材が、今のうちに転職先を探すということは、自然の摂理のような気がします。

 うちの親父が就職の時に、花形は、繊維や鉄だったそうです。その時々の花形が時の経過とともに、斜陽産業になっていくのは歴史なんでしょうね~。

 しかし、あの金融機関から脱出したがる人が増加するなんて、ビックリの話でした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

中国は今

 おはよーでござんす。日本経済が中国に抜かれたのは、ついこの前の感覚なのですが、抜かれたどころの話じゃない位の差がついております。

 今年も、6.9%成長の中国なのですが、それが真実がどうかは別にして、今年はいよいよGDPが12兆ドルを突破しそうです。

 かたや日本は、2017年は少し伸びましたが、ここ20年、ほとんど横ばいの4兆9000ドル前後。

 倍どころか、3倍の差をつけられようとしております。

 本屋さんに行けば、中国バブル崩壊というような本が並んでおりますが、実際は、3倍差なわけですから、何をいわんやです。

 まだまだ、農村部では貧困層も多く、内需の拡大も続くことが予想され、ほんとにアメリカを抜く日もくるかもですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

傷害罪は親告罪

 おはよーでござんす。僕もよく読むブログ主なのですが、一貫して緊縮財政に異を唱えていた経済評論家の三橋貴明さんが、10代の妻を平手で叩いたということで、逮捕勾留されていました。

 緊縮財政反対派の論客の逮捕は、高橋洋一元大蔵官僚も、時計を盗んだとかで事件になっていましたが、まぁ、それはおいとくとして。

 今回のビンタは、夫婦喧嘩の際に、カッとなって奥さんの頬をビンタし、ビンタされた奥さんが110番通報したことで、翌朝に逮捕となったようです。

 ところで、よく聞く、傷害罪は親告罪なのか?ということです。親告罪とは、被害者側から告訴がなされていなければ、事件を起訴することができない罪です。

 代表的なのが性犯罪ですね。よく女性で性犯罪にあった人は、セカンドレイプといって、裁判等の過程の中で、赤裸々に聞かれることによる精神的・社会的ダメージのことです。

 このセカンドレイプを嫌がって、性犯罪などでは被害届を出さない人が多いと聞き及びます。

 ところが、傷害罪の場合、親告罪ではないのですよね。つまり、示談して告訴を取り下げようが、その気になれば検察は起訴できる罪なわけです。

 そう考えると、あのアントニオ猪木の気合入れのビンタや、年末のガキ使のビンタは、公共の電波を通して堂々と放送するのは、ダブルスタンダードだなぁ~って思いますね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

明けましておめでとうございます

 新年、明けましておめでとうございます。今年も、不動産ドットコムをよろしくお願いいたします。

 今年は、戌年。相場格言でいえば、酉が騒いだ後に、戌が笑うとあります。

 また、酉が商売繁盛の年とされる一方、戌は守りの年とも言われます。

 新年の大発会は、大暴騰で始まりましたが、周りを見渡しても、なかなか不安定要素も多いのも事実です。

 最後の年末に、戌年らしく笑えるように、一年間、頑張っていきたいものです。

 ではでは。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ