« 株価狂想曲 | トップページ | 黒田氏再任 »

2018年2月 9日 (金)

廃線とコンパクトシティ

 おはよーでござんす。全国の地方において、バスや鉄道の廃線が決まりだしておりますが、この傾向は、ますます加速するものと思われます。

 山陽新聞よりですが、『両備ホールディングス(HD、岡山市)が来年3月末までに赤字のバス31路線を廃止する方針を発表した。』そうです。

 一度に、31路線の廃止は、ビックリしますし、市民生活の足が非常に不便になるでしょうね。

 地方の過疎化により、どうしても赤字路線になる交通手段は、今後、廃止の方向になることでしょうし、企業としても、いくら公益性が高くても赤字で事業を続けることは難しいです。

 北海道では、利尻島の急患に旭川からドクターヘリが飛んでいますが、命の重さが、いくら大事でもコストを考えると、コンパクトシティにしてほしいと行政は考えることでしょう。

 先祖代々の土地を守るのか、経費を考えてコンパクト化していくのか、今後の論争になりそうですね。

 ではでは。

|

« 株価狂想曲 | トップページ | 黒田氏再任 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 株価狂想曲 | トップページ | 黒田氏再任 »