« 消費税 | トップページ | オリンピック »

2018年2月22日 (木)

私刑

 おはよーでござんす。その昔、江戸時代には仇討という制度があり、藩に許可を貰い恨みを晴らすという制度があったのですが、実際問題、社会生活をしていくうえで、個人が仇討をすることを許してしまえば、仇討の仇討という連鎖を呼び、混乱をきたしてしまいます。

 江戸時代ですら、仇討は129件しかなかったそうなので、現実問題じゃなかったんでしょうね。

 ということで、国の公権力の法の下で裁かれることで、秩序を守ってきているのですが、トランプ大統領が凄いことを言っていますね。

 銃の乱射事件が定期的に起こるアメリカにおいて、教師に銃を持たせることによって、今後、学校での乱射事件がおきても、すぐに鎮圧出来ると言っているのですが、相当疑問ですよね。

 生徒に教えることを生きがいにする教師に、銃を携帯し、場合によっては射殺するなんてこと出来るのか?ですし、教師がおかしくなる場合だってあるわけですし、そもそも、高性能の連射機能がついた銃に、多分、単発の銃の携帯になることでしょうから、対抗できるのか?ですね。

 さっさと、銃規制をすれば良いのに、国の成り立ち上、なかなか難しいのかもしれませんね。

 定期的に起きる学校での銃乱射なんて、恐くて学校に行けないと思うのでした。

 ではでは。

|

« 消費税 | トップページ | オリンピック »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税 | トップページ | オリンピック »