« 公取委VS金融庁 | トップページ | 助成金 »

2018年3月30日 (金)

学閥

 おはよーでござんす。どこどこ大学卒業って、一生ついてまわる言葉ですよね。社会人になっても、40歳になっても、50歳になっても、『どこの大学卒業?』って会話がなされます。

 多分、大学名を聞くことによって、だいたいの物差しを測っているのだと思うのですが(特に他業種どうしの場合)、かといって、われら町屋の不動産業界なんて、『へ~、ふ~ん。』で終わりの話です。

 しかし、どこまでも学閥がついてまわる業界もあるようで、有名なのが、お医者さん。これは、もう、きっちり学閥がついてまわり、その教授の命令は、下手な王様ゲームよりも『絶対』なんて話を聞きます。

 官僚の世界も、学閥が凄いですよね。官僚中の官僚と言われる財務省なんかは、東大法学部が当たり前。そういった意味では、佐川さんは異色の経済学部なので、そりゃ~、入ってからのご苦労は大変なものだと思われます。

 そいでもって面白いのが建設業界。こちらは東京大学工学部建築学科が強烈な力をもっているようで、少し前に話題に上がった新国立競技場なんかも隅研吾さんの案が採用されましたが、これまた東京大学工学部建築学科大学院修了です。

 たかだか20歳までの過程が、その後の人生ずっとついてまわる業界もあるんだなというお話でした。

 ではでは。

|

« 公取委VS金融庁 | トップページ | 助成金 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公取委VS金融庁 | トップページ | 助成金 »