« シェアリングエコノミー | トップページ | 親子裁判 »

2018年5月24日 (木)

受け取る側の問題

 おはよーでござんす。日大アメフト部の謝罪会見で、加害者生徒の会見とコーチ・監督の会見では、天地の開きがありましたね。

 真実がどちらにあるのかは、実際のところわかりませんが、営業マンとして職業をずっとしてきた自分にとって、真実よりも大事なことは、『受け取る側の問題』だと認識しております。

 加害者生徒の会見を見ていますと、多分、ほとんどの人が、『この子は、正直者で、誠実に、コーチや監督のせいにしないで、事実だけを述べ、謝罪をしている』と感じたはずでしょうし、コーチ・監督の会見をみて、『なんてうすぎたない大人なんだ。自己保身ばかりを考え、逃げているとしか見えない。』といった意見が、ネットで多く散見されます。

 ただし、何度も言いますが、真実は分からないんですよね。法治国家である以上、感情に流されることなく、証拠の積み重ねが大事ですし、感情に流されて物事が決まるのなら、それはもはや人治国家になります。

 それだけに、受け取る側の問題とは、対人の仕事をしている人たちにとって、凄く大事なことなんだなと、改めて思った次第であります。

 ではでは。

|

« シェアリングエコノミー | トップページ | 親子裁判 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シェアリングエコノミー | トップページ | 親子裁判 »