« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

遺産相続

 こんにちわでござんす。親の遺産相続で頭を悩ませる人が、この世の中におられるみたいですが、羨ましい限りです。(笑

 相続税は『遺産の時価』をもとに計算されるため、現預金や金融商品はそのままの額になります。ですので、相続税対策として土地や建物で渡し、評価額を低くするという節税は昔からよくとられる対策で、昨今では、タワーマンションの上層階なんて、相続税対策の購入者であふれかえりましたよね。

 ところが、ここにきて、頭の悩ませる方向が少し変わってきております。

 それは、親の実家を相続しても、それは『負』動産というケースが多発しているからなんですよね。

 首都圏に仕事で出ていき、実家のある田舎に帰ることがままならない人が、ほとんどの中、売却しようにも買い手がつかない。草木が伸び放題になり、維持・管理費の方が高くなるといった具合です。

 当然、空き家になるわけですから、家もドンドン朽ち果てます。そこら中で空き家が増えているのも、こういったことが原因なんでしょうね。更地にしたら固定資産税が上がり、またまた負担が増えますからね。

 売却依頼を受けて、少し田舎の方に物件調査に行くこともありますが、正直、どうしようもないなという物件が山ほどあります。地元の不動産業者さんに話を聞きに行っても、とてもじゃないが売れませんよとの回答。

 逆に相続が負担になるというケースが、今後は益々増えることでしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

名采配

 こんにちわでござんす。まぁ、ぼろくそに叩かれてますね。(笑

 そりゃ~、まぁ、負けてるチームが15分位、バックでボール回ししてたら観客も切れますよね。

 あえて言いますが、こんな日本人監督が出てきたことが凄いことですし、日本チームがこんな試合運びが出来たことが、昔からサッカーを見ているものとしては嬉しいですね。

 正々堂々、侍魂などなど日本人の美徳からは、ほど遠いのですが、批判を受ける覚悟であの采配をした西野監督に脱帽の思いです。

 ターンオーバーで6人スタメンを入れ替え。この時点で大博打ですし、この2戦、ミスをしまくった川島をキーパー続行も、0-1で守りに入ったのも全て決勝トーナメントに出るための非情な決断ですね。

 ちなみに、西野監督はデータ重視の監督で、ハリルジャパンにはなかった、担当スコアラー制を敷き、スタッフを倍増、分析のプロを復活させてまで戦いました。後半の15分は、セネガルはコロンビアから点をとれないと分析したんでしょうね。

 これで、香川・本田・長谷部を温存できて、控え組も初出場の緊張感がとれ、川島も復活、満を持して決勝トーナメントに出れますね。

 やったぜ、日本!!

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

審判の心理作用

 こんにちわでござんす。しかし、今回のワールドカップは下剋上だらけで面白いですよね。

 日本がコロンビアを破ったのは、アジアの奇跡と言われましたが、所詮11人対10人なので、さもありなんですが、昨日の韓国対ドイツの韓国勝利は、これこそアジアの奇跡ですね。

 ほとんどグループリーグ突破の可能性のない中、ましてやFIFAランキング1位のドイツ相手に本当によく頑張りましたよね。

 強豪と言われる欧州や南米のチームが、ことごとく苦戦している最大の理由がVARにあるように思われます。

 昔の神の手と言われたマラドーナのハンドによる点にしたって、VARがあれば、下手したら退場ものでしょうし、今回のネイマールのダイブや、ペナルティーエリア内でのハンド、オフサイドが、ことごとくVARで判定がひっくり返っています。

 上記のプレーも、VARがなければ、審判は心理として、有名選手、有名チームに有利になるように判定していた可能性が非常に高いわけです。

 だって、審判も元サッカー選手でしょうから、気持ち的には、メッシやクリロナを目の前で見たら、浮かれちゃうもんね。

 今回のアジアの躍進も、そういった要素が非常に強いんじゃないかと思います。

 というわけで、気持ちを引き締めて、今日のポーランド戦を応援したいと思います。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

パブリックビューイング

 こんにちわでござんす。昨日は、ワールドカップグループHの天王山、セネガル戦ということで、お友達の鮨千の奥座敷でパブリックビューイングをしました。

 フィジカルに勝るセネガルに、どう戦うのか非常に興味があったのですが、どう考えてもゲームを支配し、決定機も多かったのは日本だと思いましたし、それだけに勝ちたい試合でしたね。

 あれだけ叩かれた本田が決めるところが、まさしく本田▲。

 それと、西野監督の交代のタイミングが、素晴らしすぎて、ハリルの時と比べても明らかに強い日本に見えます。監督がかわるとここまでチームがかわるのかと、まざまざと見せつけられる試合でしたね。

 次のポーランドで、泣いても笑っても最後!全力で応援します。

 頑張れ!日本!!

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

VAR

 こんにちわでござんす。今回のワールドカップから導入されたVAR。ビデオアシスタントレフリー。試合を決定づけるプレーが行われた際に、主審がビデオ判定を用いてジャッジをするもので、今や、色々なスポーツで導入されていますね。

 もともと南米の選手は、シュミレーションが得意な選手が多く、日本も何度なかされたことか。

 昨日のネイマールのペナルティエリア内のシュミレーションも、VARがなかったらPKになっていたかと思うと、ぞっとしますね。

 しかし、世界のTOPプレイヤーが、正直、あんな卑怯な方法で攻めるのって、いちサッカーファンとして情けないですね。大げさに痛がったり、転げまわったり・・・。

 もうね、いっそのこと、吉本新喜劇みたいに、ネイマールがこけたら、グランド全員の選手もこけたったらいいのですよ。

 フェア精神で、スポーツはやってほしいものです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

犬のお巡りさん

 おはよーでござんす。ふと思ったので、書きとどめておきます。

 それは、犬のお巡りさんの歌詞です。

『迷子の迷子の子猫ちゃん。あなたのお家はどこですか?』

『お家を聞いても分からない、名前を聞いても分からない。』

『ニャン、ニャン、ニャニャン、ニャンニャンニャニャン。』

『泣いてばかりいる子猫ちゃん。犬のお巡りさん困ってしまって。』

と、ここまでは良いんですよ。次の歌詞ですよね。

『ワンワンワワン、ワンワンワワン。』

って、犬のお巡りさんも泣いてるだけやんっ!!

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

ブロック塀

 おはよーでござんす。今回の地震で9歳の女の子がなくなったブロック塀。

 我々が建売をする時は、必ず行政から建築基準法を守るよう指導されます。控え壁なしで1.2mまで。根入れのブロックを入れて6段まで。

 ところが、現存するブロック塀って、これを超えているブロック塀が多数で、上のブロックを飛ばしたり、ブロック塀をやり直したり、たまに、隣地さんと共有の場合があり、その場合は交渉して目隠しフェンスをしたり等やっています。

 そうしないと建築確認申請の許可が出ないので、粛々と遵守しているのですが、同じ行政が、あんな高さのブロック塀を放置しているのが許せないですよね。

 しかも増し打ちしているわけですから、強度もダメダメだったと思いますし。

 その後、兵庫県も慌てて調査しているみたいですが、あちこちに違法ブロック塀が公共施設であるでしょうね。

 幼い女の子の命を大切にするためにも、一斉点検が必要ですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

地震

 おはよーでござんす。いやはや、ビックリしましたね。大阪の北部で直下型地震が発生しました。

 幼い女の子をはじめ、心肺停止の人も複数ということで、心よりお悔やみ申し上げます。

 阪神間は、あの大震災を受難して以来、しばらく大きな地震にあってなかったので、久しぶりの揺れに恐怖を覚えました。

 僕自身は、ちょうど朝シャンしている最中でしたので、何が起こったのか一瞬、訳が分かりませんでした。

 会社に向かったのですが、苦楽園口駅前は電車が止まってしまったため、人があふれていました。タクシーも出払っており、通勤の人は茫然としていましたね。

 新耐震基準のお蔭なのか、建物は見渡す限り影響はなさそうなのですが、電車等のインフラは復旧にしばらくかかりそうですね。

 改めて、自然災害の多い国に住んでいるということを痛感させられましたし、備えを怠らないようにしないといけませんね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

お金持ちVS庶民

 こんにちわでござんす。世界の人口が70億人を突破する現在において、世界の富の82%が、たった1%の人達によって占められているという異常事態になっております。

 世界の富を株式等のあらゆる方法で牛耳る国際金融資本にとって、グローバリズムは聞こえのよい言葉で、国境を撤廃し、安い労働力で搾取する方法としてはうってつけですよね。

 いまなら、シリアで内戦をおこし、難民という安い労働力をEUに輸出するやり方には目にあまるものがあります。

 こうなると、当然、自分たちの生活や安全を守ろうとする勢力が出てくるわけで、イギリスのEU離脱、イタリアの政局の混乱、ギリシャの大規模デモなど、欧州を中心にかなり危ない状況になってきております。

 ただただ、移民の流入を制限しよう、ユーロで縛られて動けない状況を打破しようと試みるだけで、極右政党と言われるわけですから、なんでやねんとなりますよね。

 経済力、体力のあるドイツと、ギリシャやイタリアが同じ価値の通貨を使うこと自体に無理があるわけで、歪みにたまったツケが、やがて巨大な爆弾となって世界を揺るがすような気がしてならないですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

E3

 こんにちわでござんす。世界最大のゲーム見本市E3がロスで始まりました。

 東京ゲームショウ、ドイツのgamescomと並んで、世界三大ゲームショウと言われておりますが、任天堂、ソニー、マイクロソフトと3大メーカーがしのぎを削るE3は別格ですね。

 そのE3に先だって、スイッチお化けソフト、スプラトゥーン2の世界大会も行われたのですが、見事に日本のGGボーイズが優勝しました。

 世界的に有名なチャ―使いのECHOやファジーを敵にまわしての優勝ですからたいしたものです。ダイナモンのバレルが見事でしたね。

 ちなみに、彼らGGボーイズはプロゲーマーです。日本でも、ゲームにおいてプロとして活動している人たちが認知されだしたんですよね。

 親世代や大人は、ゲームというと渋い顔をするかもですが、プレイヤー数が日本の人口を超えると言われている『フォートナイト』なんて、世界大会の賞金総額が1億ドルなんですよ。1億円じゃなく、1億ドル!!凄い世界になってきているのです。

 いまや、オリンピック競技にまでなるかもしれないと言われているEスポーツ。渋い顔をするだけじゃなく、飛び込んでみると面白いですよ。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

セキュリティー

 こんにちわでござんす。定期的に新幹線でテロ行為が発生しますね。お亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げます。

 ちょうど3年前の新幹線でガソリンに火をつける事件の時は、仕事で東京から帰る予定だったのですが、新幹線がとまってしまい慌てて飛行機で羽田から帰ってきたのですが、既にファースト以外の席は満席で人生初めてファーストクラスに乗ったのを覚えております。

 飛行機は相次ぐテロで、セキュリティーを厳重にするようになったのですが、10分~15分に1本の割合で発車を繰り返す新幹線で、もしもセキュリティーチェックをするとしたら大混乱になりますし、人件費や設備費のことを考えても現実的ではないですよね。

 秋葉原の無差別殺人事件の時もそうでしたが、屈折している感情が全く同じで、自殺願望があり、その自殺願望からの事件なわけですが、迷惑をかけるのなら自己完結してくれと言いたいですよね。

 治安の悪化が、色々な分野でのセキュリティーを難しくさせていくことになるのでしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

民泊

 こんにちわでござんす。民泊新法にともない、新しく届け出をしないといけなくなったのですが、全国でことごとく大不調だそうです。

 各地方自治体では、この新法に更に上乗せの形で条例を制定しているところも多く、例えば兵庫県などでは、

『住居専用地や子育て施設の周辺では年間を通じて営業を禁止し、城崎温泉(同県豊岡市)などの地区では営業期間を制限する。』と決めました。

 事実上、民泊を認めないという条例ですね。(笑

 闇民泊をしていた中国人オーナー達も撤退の動きのようで、投げ売り状態になっているようです。

 確かに、騒音、ゴミ、治安などの迷惑を近隣住民にかけたり、資産価値という点からも問題の多い民泊ですが、世界的にみても日本の規制は異様なようです。

 経済がドラスティックに変化し、世界が加速していくなかで、日本の規制は思いっきりブレーキを踏むように映ります。

 痛し痒しなのですが、この国に将来ビジョンが描けない理由なんでしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

日本代表

 こんにちわでござんす。ワールドカップ直前に監督を解任してまで、臨んだ対スイス戦ですが、散々ですね。

 選手がクーデターを起こし監督を解任するのも異常なら、結果も全く出すどころか、存在がマイナスの選手が中心のチームって終わってますね。

 スポンサーのご意向とのことですが、こんなチームなら視聴率も下がることでしょうし、余計にファン離れを起こす気がするのですが、どうなんでしょう?

 バルサのパスサッカーは、イニエスタみたいな究極のパサーとメッシみたいな究極のストライカーがいて威力を発揮するのであって、現代のサッカーは、カウンターサッカーが主流。そういった意味ではハリルの戦略は今風で、そのサッカーに足の遅い選手はいらないんですよね。

 4年前の主力たちが全盛の時でさえ、全く通用しなかったゆえに方針転換したはずなのに、なんじゃそりゃですよね。

 ほんと、腹立つなぁーな一日なのでした。ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

業務改善命令

 おはよーでござんす。前々から噂されておりましたが、金融庁は、島根銀行に対し、業務改善命令を出す方向で検討していることをマスコミが報じました。

 金融庁の業務改善命令といえば、コインチェックのようなコンプライアンス系の問題や、内部管理に対する指導が当たり前だったのですが、この度の島根銀行に対する業務改善命令は、収益力の改善につながる経営の立て直しを促す内容になるということです。

 日銀がマイナス金利を維持する中、地方銀行の収益がやばいと問題化しておりましたが、ついに指導が出るまでになるとは。

 僕が就職活動をしていた時代、金融業は超花形の就職先だったのを覚えております。

 時代がかわるとはいえ、なんだか寂しいきがしますね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

環境

 おはよーでござんす。その昔、スーツの仕立ての仕事を少しさわっていたことがあるのですが、イタリアの生地と日本の生地の違いは、生地の重さになります。

 イタリアは地中海気候なので、比較的乾燥地帯、晴れが多いエリアなので、軽い生地が好まれます。かたや、イギリスや日本は、非常に湿気が多く、イタリアの軽い生地ですと、すぐにヨレヨレになるんですよね。

 日本では、イタリアのスーツが好まれるのですが、どうしても夏場はすぐにヨレヨレになります。

 実は、これは『家』においても同じことなんですよね。

 アメリカの中古住宅の流通は約90%と、日本と真逆なのですが、どうしても湿気の多いエリアで木造住宅を建てるとなると、劣化が激しくなります。

 ですので、日本では新築戸建てに人気が集まるわけです。築20年から30年の木造住宅に入りますと、とてもじゃないですが、これから更に数十年住める環境にないわけです。

 また、表面だけではなく、シロアリ等の中身もボロボロの家が多いんですよね。

 政府は、一生懸命、中古住宅の流通を増やそうとしておりますが、安物買いの銭失いにならないように、気をつけないといけませんね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

紀州のドンファン

 こんにちわでござんす。あの有名な紀州のドンファンさんがお亡くなりになりましたね。

 死後、体内から覚せい剤の成分が出てきたということで、事件性があるようなのですが、まぁ、なんとなく筋書きが分かる事件ですね。

 ところで、このニュースが流れる時に、必ず出てくるテロップが不動産業・貸金業の文言。

 ネットで調べてみますと、和歌山県の田辺市で消費者金融が母体のようです。多分、貸金業をしていますと、必然的に不動産と密接な関係になるので、その後、不動産業も免許を取得して運営していたのでしょう。 

 他に、梅干しの販売や、酒販もしていたようなので、地方によくある、手広く事業を展開する何でも屋さんなのでしょうね。

 しかし、いつも思うのですが、自称にしろ、なんにしろ、紹介するなら全部やってほしいですよね。貸金・不動産と並べた方がニュース性があるのでしょうが、相変わらずの世間の評価なのでしょうね。

 確かに、

『紀州のドンファンこと、貸金・不動産業を営む男性・・・。』の方が、

『紀州のドンファンこと、梅干し販売業を営む男性・・・』よりも、何か色々ありそうな気がしますもんね。

 お悔やみ申し上げます。

 ではでは。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

やっぱり課税対象

 おはよーでござんす。まぁ、日本なら当然そう言ってくるわなと思っていたのですが、本気で言うとは・・・。

 『国税庁の山名規雄課税部長は30日の衆院内閣委員会で、カジノ解禁後に利用客がゲームで得た勝ち金について、「現時点で確たることは申し上げられないが、一般論ではギャンブルで得た利益は一時所得として課税の対象となる・・・。』

 まじかっ?バカですかっ?

 一時所得とは、『営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得』のことで、有名なところでは、競馬や競輪の払い戻しとかが、これにあたります。

 ただし、競馬や競輪の高額払い戻し窓口では、身分証の提出はなく、住所・氏名も言わないので、事実上、ずるずるの状態です。まぁ、農水省管轄なので、そこまで手を突っ込めないのが現状なのでしょう。

 ところがカジノの場合は、国が管理するわけでしょう?もしくは地方自治体が。

 海外のカジノに行けば、体験したこともある人も多いと思いますが、ディーラーも人の子で、よく計算ミスをします。ブラックジャックにしろ、バカラにしろ、たまーに間違えるんですよね。(笑

 そんな時は、お客側が、『おい!おい!』ってストップをするのですが、そうしますと、ディーラーは後方に立っているディレクターに報告して、そこから管理室に連絡がいき、24時間上空から監視しているカメラで巻き戻し再確認するんですよね。

 それで、ディーラーの計算ミスがわかり、あやまってお客側に払い戻しがされると。

 それくらい、カジノは雁字搦めで監視されているわけです。当然、一人、一人の掛け金から、何ぼ使って、なんぼ負けているのかまで楽勝で把握しております。

 カジノのVIP招待などは、飛行機代、ホテル代、御車代が無料のかわりに、韓国なんかは、3時間以上、毎ベット3万円以上を義務付けられますからね。これも、監視しているから分かるわけです。

 一時所得の場合、年間50万円までは控除があるのですが、マカオにしろ、シンガポールにしろ、カジノ運営のほとんどの売り上げはVIPになります。

 VIPの人達が、一時所得の課税対象のカジノをするのかと?100億回くらい国税庁に問いただしたいですね。

 まぁ、今回の法案はサンズが強力にトランプ大統領を使って押し込んできているので、そんなバカげたことにはならないとは思いますが、どうなるのでしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »