« パブリックビューイング | トップページ | 名采配 »

2018年6月28日 (木)

審判の心理作用

 こんにちわでござんす。しかし、今回のワールドカップは下剋上だらけで面白いですよね。

 日本がコロンビアを破ったのは、アジアの奇跡と言われましたが、所詮11人対10人なので、さもありなんですが、昨日の韓国対ドイツの韓国勝利は、これこそアジアの奇跡ですね。

 ほとんどグループリーグ突破の可能性のない中、ましてやFIFAランキング1位のドイツ相手に本当によく頑張りましたよね。

 強豪と言われる欧州や南米のチームが、ことごとく苦戦している最大の理由がVARにあるように思われます。

 昔の神の手と言われたマラドーナのハンドによる点にしたって、VARがあれば、下手したら退場ものでしょうし、今回のネイマールのダイブや、ペナルティーエリア内でのハンド、オフサイドが、ことごとくVARで判定がひっくり返っています。

 上記のプレーも、VARがなければ、審判は心理として、有名選手、有名チームに有利になるように判定していた可能性が非常に高いわけです。

 だって、審判も元サッカー選手でしょうから、気持ち的には、メッシやクリロナを目の前で見たら、浮かれちゃうもんね。

 今回のアジアの躍進も、そういった要素が非常に強いんじゃないかと思います。

 というわけで、気持ちを引き締めて、今日のポーランド戦を応援したいと思います。

 ではでは。

|

« パブリックビューイング | トップページ | 名采配 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブリックビューイング | トップページ | 名采配 »