« 審判の心理作用 | トップページ | 遺産相続 »

2018年6月29日 (金)

名采配

 こんにちわでござんす。まぁ、ぼろくそに叩かれてますね。(笑

 そりゃ~、まぁ、負けてるチームが15分位、バックでボール回ししてたら観客も切れますよね。

 あえて言いますが、こんな日本人監督が出てきたことが凄いことですし、日本チームがこんな試合運びが出来たことが、昔からサッカーを見ているものとしては嬉しいですね。

 正々堂々、侍魂などなど日本人の美徳からは、ほど遠いのですが、批判を受ける覚悟であの采配をした西野監督に脱帽の思いです。

 ターンオーバーで6人スタメンを入れ替え。この時点で大博打ですし、この2戦、ミスをしまくった川島をキーパー続行も、0-1で守りに入ったのも全て決勝トーナメントに出るための非情な決断ですね。

 ちなみに、西野監督はデータ重視の監督で、ハリルジャパンにはなかった、担当スコアラー制を敷き、スタッフを倍増、分析のプロを復活させてまで戦いました。後半の15分は、セネガルはコロンビアから点をとれないと分析したんでしょうね。

 これで、香川・本田・長谷部を温存できて、控え組も初出場の緊張感がとれ、川島も復活、満を持して決勝トーナメントに出れますね。

 やったぜ、日本!!

|

« 審判の心理作用 | トップページ | 遺産相続 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 審判の心理作用 | トップページ | 遺産相続 »