« E3 | トップページ | 地震 »

2018年6月16日 (土)

お金持ちVS庶民

 こんにちわでござんす。世界の人口が70億人を突破する現在において、世界の富の82%が、たった1%の人達によって占められているという異常事態になっております。

 世界の富を株式等のあらゆる方法で牛耳る国際金融資本にとって、グローバリズムは聞こえのよい言葉で、国境を撤廃し、安い労働力で搾取する方法としてはうってつけですよね。

 いまなら、シリアで内戦をおこし、難民という安い労働力をEUに輸出するやり方には目にあまるものがあります。

 こうなると、当然、自分たちの生活や安全を守ろうとする勢力が出てくるわけで、イギリスのEU離脱、イタリアの政局の混乱、ギリシャの大規模デモなど、欧州を中心にかなり危ない状況になってきております。

 ただただ、移民の流入を制限しよう、ユーロで縛られて動けない状況を打破しようと試みるだけで、極右政党と言われるわけですから、なんでやねんとなりますよね。

 経済力、体力のあるドイツと、ギリシャやイタリアが同じ価値の通貨を使うこと自体に無理があるわけで、歪みにたまったツケが、やがて巨大な爆弾となって世界を揺るがすような気がしてならないですね。

 ではでは。

|

« E3 | トップページ | 地震 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E3 | トップページ | 地震 »