« することないから | トップページ | 新築ホテルラッシュ »

2018年7月24日 (火)

契約自由の原則

 おはよーでござんす。民法には直接明記されておりませんが、第90条、第91条を根拠に、契約自由の原則というものが、民法上の基本原則にはあります。

 契約自由の原則には4つあり、『締結自由の原則』『相手方自由の原則』『内容自由の原則』『方法自由の原則』になります。

 面白いのは、『相手方自由の原則』であり、これは何も買い手だけの自由ではなく、売り手側の自由でもあるわけです。

 例えば、温泉や健康ランドで、『刺青のお客様の入浴をお断りします。』という文言を見たことがありますよね。これなんかは、相手方自由の原則なわけです。

 お客様は神様という精神は、世界中でも絶賛され、おもてなしを筆頭に日本の接客の基本となっているのですが、どうなんですかね~?

 最近では、お客様は神様の威をかる貧乏神様が増えているような気がするんですよね。

 常識のラインの中で、精一杯お客様のためにする精神は大切なことですが、明らかにオーバーな要求であるとか、金額に見合わない要求を当然のようにする勘違い神様が増えている気がするんですよね。

 こういった神様が増えますと、当然、売り手側も相手方自由の原則を発動するわけで、そういったシーンが今後増えてくるんじゃないかと思います。

 まぁ、お互い様の精神を大切にもって、生きていきたいもんですね。

 ではでは。

|

« することないから | トップページ | 新築ホテルラッシュ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« することないから | トップページ | 新築ホテルラッシュ »