« 熱中症オリンピック | トップページ | 契約自由の原則 »

2018年7月23日 (月)

することないから

 おはよーでござんす。我々の商売は、まず、土地や中古マンション、戸建てありきでスタートします。

 その仕入れた土地や中古マンション、戸建てを建売したりリフォームしたり等の加工をして付加価値をつけ売却をし利益を得るのですが、さすがに、ここまで土地の値段や中古マンションの値段が上がりますと、なかなか手をだしずらくなります。

 更には、競合他社さんも大勢いて、仕入れ物件の取り合いになりますので、どうしても安定して商品開発をするには至難の業になってくるわけですね。

 そうすると、どういう現象が起きるのかといいますと、やることがないので、無理やりにでも商品を作りにいくわけです。

 例えば、賃貸マンションを地上げした後、フルリノベーションして区分所有化し売却とかですね。

 もうね、ここまでくると末期症状の様相なのですが、そうでもしないと、前年対比で追っかけられるわけで、担当者も『えいやっ!』でやっちゃうわけです。

 はてさて、こうして無理矢理作られた商品が、想定価格で売却が可能なのか?ここからが正念場ですね。

 ではでは。

|

« 熱中症オリンピック | トップページ | 契約自由の原則 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱中症オリンピック | トップページ | 契約自由の原則 »