« 新時代 | トップページ | おねだり »

2018年8月30日 (木)

未来の武蔵小杉

 おはよーでござんす。その昔、川崎市といえば、ドヤ街や風俗、ギャンブルで有名な町で、住環境という意味では、ある意味、敬遠されていた町だったと思います。

 そんな川崎市中原区でも、武蔵小杉駅がある周りは、タワーマンションが続々建てられ、通勤時の駅の混乱が危機的状況になるまで人が集まっているそうです。

 中原区の人口も25万人を突破。人口減少で少子高齢化が叫ばれる時代に逆行し、若い世代の人口が急増しているエリアです。

 ここまで人気を集めた理由の一つが、東京や横浜といって主要駅に乗り換えなしで行けるということですね。

 それと、東京や横浜の土地、マンションが高騰したため、コストパフォーマンスかた選択されたのだと思われます。

 そうです。どこかに似ていますよね。

 神戸、大阪へ乗り換えなしで行けて、コスパも非常に高い。そう、尼崎市です。

 関東でおきた武蔵小杉ブームは、必ず、関西の尼崎でも起こると想像するのは容易なことだと思われます。

 利便性とコスパが、お家探しの筆頭になった所以でしょうね。

 ではでは。

|

« 新時代 | トップページ | おねだり »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新時代 | トップページ | おねだり »