« 花より団子 | トップページ | 本決まりっぽい消費税 »

2018年10月12日 (金)

実質移民大国

 おはよーでござんす。日本は難民申請の非情に厳しい国だということで、国連やら欧州に避難されてきた歴史があるのですが、ほんまかいなと。

 都心部のコンビニに行けば、『お前、弁当温めるか?』と質問してくる店員さんや、解体現場に行けば、肌の色の濃い作業員さんが、他のメンバーと仲良く昼ご飯を食べています。

 僕の友達は八尾に住んでいるのですが、小学校のクラスの1/3は、名前が日本名じゃない子供達が元気に通っているそうで、『今日、カルロスの家に遊びに行ってくる!』って言われるそうです。

 実際問題、厚生労働省の集計によると、いま日本では約128万人の外国人が働いているようで、OECDの中で、日本は世界第4位の移民受け入れ大国となっているわけです。

 自民党は移民政策は行わないと発言しておりますが、実際は、移民が大量流入している現実があるわけですね。

 更に、今回政府は、更なる労働移民の流入を計画し、いわゆる人手不足を解消しようとしています。

 もちろん、治安の問題など、デメリットの面もあることでしょうが、こうなった以上、我々も、その新しい時代に即した思考をしていかないといけないのでしょうね。

 当然、住宅も移民を意識した市場が生まれてくることでしょうから、カオスになりそうです。

 ではでは。

|

« 花より団子 | トップページ | 本決まりっぽい消費税 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花より団子 | トップページ | 本決まりっぽい消費税 »