« 人手不足倒産 | トップページ | 花より団子 »

2018年10月 5日 (金)

用途による格差

 おはよーでござんす。ここ最近、痛感することがあります。それは、用途地域による資産価値の格差が広がってきているんじゃないかということです。

 本来、お家を建てる場所は、用途地域的に、第一種低層エリアだと思うんですよね。いわゆる住宅用地の為に高さ等の制限が厳しいエリアです。

 一昔前は、こういったエリアでお家を建てることに何ら抵抗もなかったのですが、時代が相当変化しているように感じます。

 というのも、こういうエリアだと、他に風致や町づくり協議会みたいな縛りがあり、家を建てるのに、かなり広い敷地を必要とします。

 でも、今時の人って、庭は逆にいらない人も多いんですよね。虫が嫌いとか。手入れが面倒とか。それよりも、駅に近い便利なところ。

 更には、広い敷地を必要とするということは、それだけ、総額も高くなるということです。

 不便、坂がある、高額になるなんて考えていますと、低層エリアと中高層エリアの人気格差が更に広がるんじゃないかと。資産価値で考えると大変なことになります。

 山のエリアの住人さん達が、年をとり、二束三文で住宅を売却し、駅近のマンションに移り住んでいる傾向が、全ての答えのような気がしますね。

 ではでは。

|

« 人手不足倒産 | トップページ | 花より団子 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

「山のエリアの住人さん達が、年をとり、二束三文で住宅を売却し、駅近のマンションに移り住んでいる傾向が、全ての答えのような気がしますね」

後手後手の行政がいつ「第一種低層」などを見直すか?見ものですねえ。

ましてや条例で制限をつけるなんて、逆だよ今は!自由になるように緩和しないと!

商業地の低層商業施設の上の分譲マンションに住もう!!

投稿: 樋の池の奥 | 2018年10月 9日 (火) 13時26分

>樋の池の奥さまへ
コメントありがとうございます。
行政に期待はなかなか出来ないでしょうね。
西宮市としては、これ以上人口が増えないことを期待している姿勢である以上、難しいと思います。
人口増、税収減、社会保障費増という構造上仕方ないのかと思いますが。

投稿: のりぞー | 2018年10月12日 (金) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人手不足倒産 | トップページ | 花より団子 »