« いつか来た道 | トップページ | 大阪万博 »

2018年11月22日 (木)

仏産

 こんにちわでござんす。連日、ニュースもワイドショーも、ご飯屋さんでの会話も日産のゴーン会長の逮捕の話題でもちきりですね。

 ゴーン会長といえば、瀕死の日産を凄まじいリストラで立て直した偉人なのですが、と同時に、巨額の報酬を得る人としても有名でした。

 ところで、日本の国税さんは、すごく優秀な人達で、例えば、繁華街で有名なホステスさんやホストさんで、インスタ等にアップしているものからチェイスするなんて当たり前の調査能力をもっております。

 当然、巨額報酬のゴーン会長も、びっちりマークされていたでしょうし、多分、色々と掴んでいたことはあったでしょうが、フランスとの関係上、政治的に泳がされていたと見るべきでしょうね。

 日産の大株主であるルノーの筆頭株主はフランス政府。フランスという国は、西側に所属しておりますが、どちらかというと社会主義国。そのフランス政府が、日産とルノーを経営統合しようと画策しているのを、ずっと抵抗してきたのがゴーン会長。その会長が、近年、変節してルノーと日産の経営統合に鞍替えしたタイミングでの逮捕ですからね。

 日本政府としては、日産を守りにいったといった感じじゃないでしょうか。まぁ、仏産になるところでしたからね。経産省あたりは必死だったんじゃないでしょうか。

 というわけで、資本提携そのものも見直しになりそうな事件なのですが、結局、日本人経営者になれば、またまた同じことを繰り返すのは目に見えてますよね。あのシャープも、しっかり黒字化したわけですし。

 今後の動きに注目です。

|

« いつか来た道 | トップページ | 大阪万博 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつか来た道 | トップページ | 大阪万博 »