« 逆バージョン | トップページ | 慰安旅行 »

2018年11月 6日 (火)

規制強化

 おはよーでござんす。まだ記憶に新しい西日本豪雨。

 神戸市灘区篠原台の映像は、正直、びっくりしました。というのも、完全に住宅地のエリアで、住民さん達もまさかの感覚だったと思うんですよね。

 この西日本豪雨で、兵庫県は大きな災害を受けたのですが、土砂流出による家屋損壊など人命に危険があると認められた兵庫県内55カ所の被害のうち、7カ所は土砂災害防止法の「警戒区域」に含まれていなかったことが分かりました。

 ハザードマップに漏れたエリアでも大きな災害があったわけですね。

 まぁ、あのクラスの豪雨は、経験したこともないでしょうし、福島原発の時と同じで、『想定外』という言葉が聞かれるようになりました。

 そうなると、当然、行政側としても、『想定外』ではなく『想定内』に規制をシフトしていくわけで、開発、宅造、造成などなどに対し、神戸市の方針が、かなり厳しくなってきました。

 これは当然、工期、申請期間の長期化、費用の増大につながるわけで、それだけコストアップは消費者に反映されることになります。

 まぁ、命が一番大事なので仕方ないことなのですが、開発業者にすると、なかなか頭の痛い話になりつつありますね。

 ではでは。

|

« 逆バージョン | トップページ | 慰安旅行 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆バージョン | トップページ | 慰安旅行 »