« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月21日 (日)

寝てるお金が動き出す

 おはよーでござんす。もうあと、数日寝ますと、いよいよ令和の時代が始まりますね。

 昭和、平成と生きてきた人間としては、令和の時代の厳しさを予見せざるを得ませんね。

 これからの時代は、維持すら難しい時代に突入しそうですもんね。

 ところで、新しい紙幣が出来るということで話題になっております。

 現在、日本円の現金流通量は、約100兆円。そのうち、約50兆円がタンス預金になっております。

 僕も、長いこと不動産をしておりますが、一度だけ、中古マンションで全額、聖徳太子のお金で決済

 なんてことがありました。銀行マンが総出で計算してましたからね。

 新紙幣になると、当然、このタンス預金の一部が市中に出回ることになるでしょうから、ある意味、

 新しい需要が生まれそうですね。

 タンス預金の性質上、消費にまわることはないでしょうから、他の投資先、株式や金、もしくは不動産

 にお金が流れてくるかもしれません。

 ではでは。

|

2019年4月15日 (月)

大和ハウスもかぁ

 おはよーでござんす。レオパレスの件は、大昔から2ちゃんねるでも、相当騒がれていましたので、

容易に想像がついていましたが、今回の大和ハウスの件に関しては、正直ショックを受けていますね。

 というのも、大和ハウスといえば、積水ハウスと並んで、日本を牽引するハウスメーカーの雄。

 お値段も、当然、それなりにするわけで、ある意味、僕らの業界の人間にしても憧れの会社。

 その大和ハウスが、2000棟を超す住宅で施行不備なわけですから、何を信じていいのやら。

 人口減少が顕著になり、世帯数の減少も目前に迫る中、空き家の増加が社会問題となっている

現状においても、どんどん新しい建物を建て続けている矛盾する業界において、今回の不祥事は

痛すぎますね。消費者さんの不信感はぬぐえないものになるでしょうね。

 検査機関においても、検査のあり方を考え直さないと、業界の雄でさえ、このざまなら他にも一杯

あると思わざるを得ないですよね。

 ではでは。

|

2019年4月 1日 (月)

新元号

  おはよーでござんす。パソコンがクラッシュしてしまい、パスワードを忘れてしまっていたために、ブログの更新が出来ませんでした。

 なんとか復元出来たので、良かったです。

  さて、本日4月1日は、新元号の発表ということで、『令和』になりましたね。万葉集からの引用だそうで、まずは、おめでとうございます。

 ただ、個人的には、『令』の文字に違和感を覚えてしまうのは、僕だけなんでしょうかね~。

 あんまり、『令』には、ほわっとしたイメージがなくて、例えば、『命令』とかの熟語がイメージされると思うのですが、どうなんでしょう。

 あと、これも個人的な話になるのですが、僕の場合、不動産を購入するため、銀行さんとの契約書類を山ほど書かないといけないのですが、その際、その契約書には、必ず日付けを記入します。

 その際に、西暦よりも元号で記入するケースが圧倒的に多いんですよね。そうなると、令和が18年経ちますと、記入の仕方が、

『R18』

 になっちゃうのですが、まぁ、68歳の時なので、会社がないかもですね。(笑

 ではでは。

 

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »