« 寝てるお金が動き出す | トップページ

2019年5月 9日 (木)

米中覇権戦争

 おはよーでござんす。日本が初の長期休暇の最中に、米中の覇権争いが再燃しております。

 アメリカは、年間輸入総額2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品に課している10%の追加関税率を10日に25%に引き上げると明言。

 知的財産権の問題等言われておりますが、本質の所は、この10年間の間に、世界の覇権をどちらがとるのか?が実際のところでしょうね。

 長い間、世界は白人による植民地等の支配の歴史があったわけで、もしも、中国が覇権をとるようなことになれば白人たちにとれば

 屈辱の歴史になることでしょうね。

 個人的には、中国が覇権をとる時代の流れは、おおよそ決定的であり、アメリカが最後のあがきをしているようにしか見えないのですが、

 はてさてどうなるのやら。

 どちらにせよ、日本は、ジャイアンたちの顔色を見ながら右往左往するしかないわけで、株式市場を含め、あまり激動はしてほしくない

 と祈るばかりです。

 ではでは。

|

« 寝てるお金が動き出す | トップページ